<   2014年 03月 ( 1 )   > この月の画像一覧

季節が待ち遠しくなる草履・春

e0314253_21511184.jpg


2/21・22 の『落雁と季節の会』
「春を祝う、春を摘む」
にてお披露目をした オリジナルの草履、

「季節が待ち遠しくなる草履」シリーズとして、コトホギ屋でいよいよ発売です!

コトホギ屋は、
職人や作家の丁寧な仕事から生み出されたプロダクトを扱うweb shop

末永く生活の中で使っていただける美しい実用品を扱っています。
彩詠も越谷ダルマ企画やキャンドルナイト関連、及び コトホギ屋blogで関わっています。

春には、春のお草履を♪
季節に、コーデに応じて履物を選ぶ楽しさ をお伝えします!

春はこの2種。

e0314253_21534352.jpg

蒲公英(たんぽぽ)▲ & ▼ ミモザ
e0314253_21534422.jpg


2014年 甲午(きのえうま)は、芽吹く年。
どちらも季節の始まりに相応しく、春の野にウキウキと出掛けた先で出逢う 強く可憐な花達をイメージして作りました。

e0314253_21534799.jpg


天(足を乗せるところ)は、
今年一年を司る色 緑と、福を運んでくれる恵方の色 黄色や茶、ベージュを織り込んでいます。
土の中の種が堅い殻を破り芽を出すように、私たちも新しい佳き一歩を踏み出せますように。
リボンとリボンが交差して一枚の生地に。
市松リボンには、今年の織り重なった福と想いが詰まっています。

e0314253_21534948.jpg


側には、昔の淡い儚い染めが美しい羽裏生地を使用。
この限られた生地の都合で、5足限定になります。
ぐるりと一周するリボンは、芽吹く春の野を軽やかに駆けるイメージで添えました。
天と側、どちらも強度と汚れ防止のラミネート加工済み。
リボンの色が足袋に擦れることなく、安心して履いて頂けます^^

e0314253_21535188.jpg


市松リボン草履にはお馴染みの「鼻緒留め」付き。
帯揚を帯枕にかけて留める時にもお役立ちのアイテムです。

昔から、

良い履物を選びなさい。
大事にされた履物が良い場所へ導いてくれるから。

そんな風に言い伝えられています。

人を見る時も「足元を見なさい」とよく言われます。
足元が綺麗でしっかりしていると、
信用につながり、履物を脱いだ時にも美しい姿は憧れになります。
なにより、履いている自分自身も気分が高まります!

履いて美しい、脱いだ時も美しい

履物の基本だと思っています。

日本の職人さんの手によって丁寧に作られた草履は、長持ちします。
そんな技を持った職人さんも、着物業界のご多分に漏れず、
年々廃業されたりと数少なくなってきています。

また、鼻緒の受け(裏側)やツボ(足の指の間が当たるところ)は国産の柔らかな別珍を使っていますが、こちらの製造も年々減少していると聞いています。
本当に本当に微量ながらも、しっかりと美しい、そして手業が発揮できるものを発注して、作ることも繋いでいけたら、そんな想いも込めています。

今回も、羽裏らしく滑りが良い生地を扱うのは難しいようでしたが、綺麗に仕上げて下さいました。
また天の市松リボンに組まれた生地も厚みが出ます。
これをラミネート加工して仕立てるのは、やはり技術がいることです。

今は本当に目を疑うような格安なモノも沢山出ています。
そのような草履でよく使われている合皮などの素材は、
履いても履かなくても2、3年間すると劣化が始まります。

あっという間にボロボロに!

また外国で製造されたものは、とりあえずカタチになっている、という製品も多く、実際履いてみるとすぐに鼻緒がのびてしまったり、草履の底が剥がれてしまったり!と、結局履けない履物になってしまう現実も。

e0314253_21511534.jpg


また、絶妙の加減ですげられた鼻緒は、足に添い、歩きやすい。
パタパタした音がしません。
少し太めの鼻緒で足当たり優しくしっかりと支えます。

鼻緒がキチンと調整出来るからこその日本の履物だと思っています。

お求めの際には、足のサイズもお伝え下さいね。

台はM(23.0~23.5cm)L(24.0~24.5cm)から選べますが、鼻緒のすげ具合で融通が利くもの。

鼻緒は足のサイズに合わせてすげることによって、23.0cmより小さい方も、24.5cmより大きい方も大丈夫です。
また、甲が高い、低いなど、ご自分の足の特徴がある場合はそちらもご一緒に。

今日3/21は、春分。

ここから日の時間も長くなり、本格的な春の始まりです。
自然に、ご先祖さまに感謝して、新しい季節を始める日。
そんな日に、このお草履企画も本格的に動きだし、感謝です☆
更に詳しいことは、コトホギ屋のサイトにて。

コトホギ屋 季節が待ち遠しくなる草履・春
[PR]
by sakaedo | 2014-03-21 11:11 | new